衝撃!「満天の湯」回数券を実質値上げ!

画像


満天の湯・金沢店にて、回数券を購入しようとしたところ、「7枚つづり、4,060円」とありました。

以前は、「10枚つづり、5,500円」。
つまり、1枚当たり550円(5,500円÷10枚)だったわけでありますが、今回の価格変更で「1枚当たり580円」(4,060円÷7枚)と、実質30円の値上がりになったわけであります!

通常の入浴料金は630円(会員価格)でありますから、それでも50円ほどお得ではありますが、ついに満天の湯も「デフレ脱却」に舵を切ったか!?

これは、物価上昇率2%の目標を、いつまでたっても達成できない日銀の陰謀に相違ありません!

こうなってくると、金沢市近郊の他のスーパー銭湯の動向も気になるところであります。

画像


●極楽湯・金沢野々市店の場合
10枚つづり4,900円(会員価格)。1枚当たり490円。
しかも、不定期ではありますが、10枚つづり4,700円(1枚当たり470円)で販売するときもあります。
現時点では、金沢市近郊のスーパー銭湯のなかでは最安値。

●「楽ちんの湯」の場合
11枚つづり、6,200円。1枚当たり約563円。
さらに、毎月26日の「ふろの日」には、5,200円で購入できるキャンペーン企画を実施中です。(2017年12月時点)

●「和おんの湯」の場合
10枚つづり、6,000円。1枚当たり600円。
ただし、周年祭などの特別企画で、10枚つづり5,200円(1枚当たり520円)で販売することもあります。

●「湯来楽(ゆらら)内灘店」の場合
11枚つづり、7,500円。1枚当たり約681円。
ただし、こちらも和おんの湯と同様、周年祭などの特別企画で11枚つづり6,000円など格安でゲットできる時もあります。

●「しあわせの湯」の場合
10枚つづり5,300円。1枚当たり530円。

●「祥楽の湯・津幡店」の場合
11枚つづり6,500円。1枚当たり約590円。

画像


改めて冷静に調べてみると、価格だけなら「極楽湯・金沢野々市店」の回数券を買うのが一番安いことがわかりました。

しかしながら、「自宅からの通いやすさ」や、「自分好みの施設(お風呂の内容など)かどうか?」なども加味して、回数券を購入すべきかどうか検討するべきではないかと思うわけであります。

そして、わたくし以前、今は亡き「越のゆ・近岡店」の回数券を大量購入したあと、「1ヶ月後に閉店します。回数券をお持ちの方、払い戻しはしません」という事態に直面し、毎日通い詰めて何とか消化したという苦い経験もあります。

回数券がお得だからといって、大量に購入しようという場合は、その施設の「経営状況はどうか?」ということを冷静に観察することも必要かと思われます。

画像


結論
●価格だけで見るなら、「極楽湯・金沢野々市店」の回数券が最安値である。
●設備のクオリティや、ロケーションなど、自分好みの行きたい施設の回数券を購入するのがベター。
●キャンペーン企画などで、さらに安く購入できる場合があるので、お店のホームページを必ずチェックするべし。
●それでも、いくら安いからと言って大量に購入するのはリスクがある。
その施設がこれからも運営されるのか?もしかして閉店などで無駄になるかもしれないリスクを考慮すべし。
「お客の入り」や「設備の改修状況(故障した設備をなかなか修理しないなど)」、「店員さんのモチベーションが高いかどうか?」などを日ごろから観察すべし。

画像


いずれにせよ、宇宙戦艦ヤマトの沖田艦長ならば、こう言うでしょう。
「明日のために、今日回数券を買うのだ。それが、男だ」

画像


以上、「スーパー銭湯のためなら、女房も泣かす~♪」
謎のマスクマン・スーパー銭湯マシンがお伝えしました。
それでは、ごきげんよう。サヨウナラ!

この記事へのコメント